NTTドコモがeスポーツ参入! 賞金3億円プロリーグ立ち上げ

スポーツ報知
(C)2020 PUBG Corporation. All Rights Reserved.

 NTTドコモは5日、eスポーツ事業に参入し、人気のバトルロイヤルゲームを用いたリーグ戦「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON1」を2021年2月に立ち上げることを発表した。

 『PUBG MOBILE』は最大100人が同時対戦できるバトルロイヤルシューティングゲーム。全世界で月間1億人がプレーしており、2018年の配信以来、全世界総ダウンロード数6億(2019年12月時点)を達成したほか、世界中で大会が開催されるなど高い人気を誇る。

 同リーグでは、プロ契約した選手が16チームに分かれて年間合計100試合を戦う。賞金総額は3億円。賞金とは別に、プロ選手全員に対して年間350万円以上を保証する。

 NTTドコモは、「eスポーツの日本における市場規模は2019年から2022年で約2倍に拡大すると想定されており、成長が見込まれる産業です。近年主流になりつつあるオンライン対戦などネットワークを介して他者と一緒にゲームを楽しむスタイルは、5Gによりさらに大きく加速していくと考えています」とし、「大容量通信の5Gを活用した、より臨場感のある快適なプレー環境を提供し、eスポーツ産業を盛り上げていきます」としている。

 また、2021年にはRiot Gamesとのパートナーシップで「League of Legends:Wild Rift」の大会の開催も予定しているという。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×