馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

最後の子(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、本日はアメリカの大統領選挙。つい先日行われた、日本の総裁選とは違い、勝者がその州の「選挙人」を獲得していく、日本風に言えば「国取りゲーム」みたいな方式、開票のたびに興味深く、ドキドキしてしまいますよね。お昼から記者席では「トランプちゃうの?」「フロリダはトランプか」など、結構盛り上がっている。まぁ、この記事が出る頃に結果は出ていないと思うけど、果たしてどうなることやら。しかし、トランプ就任から4年も経っているとは早いですなぁ。

 ということで、そろそろ本題へ。今日はナマ情報を中心に。まずは松永幹厩舎ですね。来週の阪神芝1800メートルに出走を予定しているのが【マテンロウエール(牡、父ロードカナロア、母ディアチャンス)】です。鞍上は横山典J。「徐々に良くなってきている感じですね。ゆったりとした距離の方が合っていると思います」と松永幹調教師は話します。このお母さん、現役時代に地味ながら堅実に走っていましたし、結構好きだったんですよね。ただ、トレーナーによると、この馬が最後の子供とのこと。個人的にもちょっと頑張ってほしいという気持ちを重ねつつ、応援したいものです。

 松永幹厩舎で新馬を勝った【ロシアンサモワール(牝、父American Pharoah、母Megalicious)】はもちの木賞で2連勝を狙うとのこと。あと、芙蓉S4着の後、放牧に出されている【ヴィゴーレ(牡、父キズナ)】は葉牡丹賞での復帰を予定しているとのことでした。

 さて、「最後の子」といえば、今週末にデビューする友道厩舎の【オヌール(牝、父ディープインパクト、母アヴニールセルタン)】も同じです。特に名牝と呼ばれる母は早逝したため、わずかに2世代しか遺せませんでした。この馬については基本、週末に触れたいんでしが、先週の追い切りに騎乗した武豊Jが今日、その感触を話しました。「いい動きでした。まだ緩い感じの走りだけど、素質を感じます。スピードに乗ってからの走りがいいですね」と能力を感じ取っているようです。姉のデゼルは3歳3月のデビューでしたが、こちらはスムーズに行けば、ゆったりとしたローテでクラシックに迎えるはず。注目の初陣です。その友道厩舎、ハクサンムーンの弟にあたる【デルマヤクシ(牡、父オルフェーヴル)】が戻ってきていて、秋明菊賞に向かうとのことです。

 さて、名牝の娘といえば、先週の新馬を勝った角居厩舎の【アンブレラデート(牝、父エイシンフラッシュ)】はひと息入れた後、12月6日のこうやまき賞で連勝を狙うとのこと。こちらはダイワスカーレットの娘になりますね。

 あと、中内田厩舎では先ほど、マテンロウエールが出走予定と書いた来週の阪神芝1800メートルに【ダノンジェネラル(牡、父ドゥラメンテ、母ペルヴィアンリリー)】が川田Jで出走するようです。「調教で水準ぐらい動けていますが、背中のいい馬ですし、もっとよくなってきそうな雰囲気があります」と猿橋助手は話していました。こちらは札幌2歳Sを勝ったアドマイヤエイカンの弟になるんですね。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請