【東都大学野球】駒大が12得点で東洋大に圧勝エース竹本が完投で3勝目

10安打を浴びながら1失点完投勝利を飾った駒大の竹本祐瑛
10安打を浴びながら1失点完投勝利を飾った駒大の竹本祐瑛

◆東都大学野球秋季リーグ戦第5週第1日▽駒大12―1東洋大(3日・神宮)

 駒大は序盤から打線が爆発した。2回に7番・小園琉世遊撃手(2年=福岡工大城東)の先制二塁打に始まり一挙5点。5回にも打者10人を送り5点を追加した。

 守りでは、先発のエース・竹本祐瑛投手(4年=八戸西)が、10安打を浴びながら持ち味の粘り強い投球で1点に抑えて完投。この秋のリーグ戦で3勝目をマークした。

 先発にロングリリーフと大車輪の活躍で、ここまでの9試合のうち8試合に登板。46回3分の1という投球回数は断然のトップだ。「ビッグイニングの次の回の投球を一番大事にしました。明日も、どこででも投げられるように準備します」と竹本。ラストゲームに向けて意気込みを示した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請