元SMAP森且行がSG初制覇!「やっと、約束が守れてよかった」…川口オート日本選手権

笑顔でガッツポーズする森且行
笑顔でガッツポーズする森且行
胴上げされる森且行
胴上げされる森且行
賞金パネルを掲げる森且行
賞金パネルを掲げる森且行

 川口オートのSG「第52回日本選手権」決勝戦が最終日の3日第12Rで8選手により、10周回5100メートルで争われた。

 レースは、6周回までトップを走っていた鈴木圭一郎が、2番手の荒尾聡がともに落車。3番手を走っていた森且行がトップに進出すると、最終周回まで首位を守り、オートレース界最高峰のレースを制した。

 森且行「ありがとうございます。やっと、約束が守れてよかったと思います。仲間と、ファンの皆さんと、そして一番応援してくれているオヤジに伝えたいです。とりあえず最後まで練習はしようと思って、タイミングを取っていました。

 スタートは練習から手応えがあって、自信がありました。レースは(鈴木)圭一郎君について行こうと、それだけでした。エンジンの手応えはそんなによくなかった。ただ、何も考えずひたすら3番手をキープしようと思っていました。(ゴールの瞬間は)うそだと思いました。本当に20数年間がんばってきて、SGには届かなかったので、1番取りたかった日本選手権のタイトルをとれてうれしいです。次は(年末の)スーパースターをとれるように一生懸命頑張りたい。応援してください」

笑顔でガッツポーズする森且行
胴上げされる森且行
賞金パネルを掲げる森且行
すべての写真を見る 3枚

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請