【東都大学野球】国学院大の4番・瀬戸が初回に貴重な2点本塁打鳥山監督「4番にふさわしい打者になった」

1回2死三塁、右越えに先制の2点本塁打を放った国学院大の瀬戸成一郎は笑顔でホームイン
1回2死三塁、右越えに先制の2点本塁打を放った国学院大の瀬戸成一郎は笑顔でホームイン

◆東都大学野球秋季リーグ戦第5週第1日▽国学院大4―2立正大(3日・神宮)

 国学院大は、初回に4番・瀬戸成一郎左翼手(3年=鳥取城北)が右翼席へ先制の2点本塁打。3―2で迎えた9回には、8番・戸堀敦矢一塁手(4年=横浜)が左越えのホームランを放って突き放した。

 守りでは、エース・上出拓真投手(4年=札幌第一)が7回を6安打1失点の好投。先週まで6勝2敗で亜大と並んで首位に立っていた立正大を破り、リーグ戦成績を6勝3敗とした。

 この日の第1試合で亜大が中大に勝って7勝2敗に。国学院大は亜大に連敗しており、たとえ勝ち数が並んだとしても優勝の望みはないという状況での立正大戦だったが、集中力を切らすことなく接戦をものにした。

 「優勝はなくなったが、この試合を勝つという気持ちで臨んだ。思惑通りの継投ができたし、打線はクリーンアップがいい仕事をした。瀬戸は練習の取り組み、試合への準備、そして内容。4番にふさわしい打者になった」と鳥山泰孝監督は3年生4番の成長を認めていた。

 立正大は6回から9回まで、いずれも無死あるいは1死で得点圏に走者を進めながら、その間の得点はわずか1。亜大に並ぶことができなかった。ただし、亜大との対戦成績は1勝1敗なので、4日に立正大が勝って亜大が負けると、両校7勝3敗でプレーオフにもつれこむ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請