【巨人】ドラフト史上最長身、5位の二松学舎大付高・秋広優人 左の岡本和真目指す

巨人スカウトの挨拶を受けた二松学舎大付の秋広優人はバットとボールを手に笑顔でポーズを取った
巨人スカウトの挨拶を受けた二松学舎大付の秋広優人はバットとボールを手に笑顔でポーズを取った

 巨人からドラフト5位指名を受けた二松学舎大付高の秋広優人内野手(18)が2日、東京・千代田区の同校で榑松(くれまつ)スカウト部次長と担当の野間口スカウトから指名あいさつを受けた。

 ドラフト指名の日本人選手では史上最長身の身長200センチ、体重95キロ。大きな体と同様、目標もどでかい。

 巨人の選手で話を聞いてみたい選手を聞かれると、「岡本和真選手に聞いてみたいです。自分も3、4年目には1軍でやっていけるように、30、40本は打ちたいです」と語り、“左の岡本”になることを誓った。

 投手として最速144キロ、打者としても高校通算23本塁打を放った実力の持ち主で、二刀流の可能性もあるが、「原監督からも野手として評価していただいているという話をしていただいたので。自分としても野手で勝負していきたいという気持ちがあったので、そういう話をしました」と明かした。

◆秋広 優人(あきひろ・ゆうと)2002年9月17日、千葉県生まれ。18歳。 幼稚園の年中から軟式野球を始める。宮本中では江戸川ボーイズに所属して内野手。二松学舎大付高では2年秋から投手も兼ねる。高校通算23本塁打。200センチ、95キロ。右投左打。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請