【中日】ドラ1の中京大中京・高橋宏斗が与田剛監督と初対面 MAX157キロの指揮官超えを宣言

スポーツ報知
中日・与田監督(左)と握手をかわすドラフト1位の中京大中京・高橋

 中日・与田剛監督(54)が2日、名古屋市内の中京大中京高を訪ね、ドラフト1位の同高・高橋宏斗投手(18)に指名あいさつを行った。球団の日本人投手最速タイとなる157キロの球速記録を持つ指揮官は、現在MAX154キロの高橋について「私の数字なんかすぐに破れる」と期待。これを受けて高橋も「それくらいの期待に応えられるよう頑張ります」と“与田超え”を誓った。

 身長185センチの高橋を見ての与田監督の第一声は「大きいなあ」。一方、高橋も「肩幅がすごい。僕の手も大きいけど、それを上回る。「これがプロの世界で一流といわれる人の体つきか」と驚いた。

 指揮官は「現時点でも(ポテンシャルは)トップクラス。もちろん、いずれ先発ローテに入ってもらって、まずドラゴンズのエース、さらにプロ野球界のエースに。そのくらいの力を持っている」と絶賛した。中日の日本人投手の最速は157キロで、過去に与田監督と浅尾、福谷がマークしている。高橋が速球にこだわりをもっていることを聞いた指揮官は「(自分の数字を)すぐに破ってください。すぐですよ。体作りができて、体のバランスがもっと良くなれば」と近い将来の“新速球王”の誕生を予告した。

 高橋も、自分のスピードの源は「瞬発力」と分析し「10メートルダッシュや瞬発系のウエートトレを続けている」という。ドラフト指名後、YouTubeで与田監督の現役時代の投球を見て「常時150キロ以上出せるのはすごい」とあこがれの思いを膨らませており、指揮官の言葉に「そのレベルの期待を自分はされていると思うので、の期待に応えられるよう頑、しっかり準備してやっていきたい。今の球速に満足していないし、もっと伸びると思う」と目を輝かせていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×