全日本大学駅伝制した駒大、朝5時50分から再始動 大八木監督「緊張感を持たないと」

校舎にかかる垂れ幕を前に笑顔を見せる駒大・田沢廉(駒大陸上部提供)
校舎にかかる垂れ幕を前に笑顔を見せる駒大・田沢廉(駒大陸上部提供)

 1日の全日本大学駅伝(名古屋市熱田神宮西門前~三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前=8区間106・8キロ)で6年ぶり13度目の優勝を果たした駒大は2日、朝5時50分の朝練習から再始動した。

 学生3大駅伝最多22勝目を挙げたが、チームは夜明け前から通常通りの練習を行った。大八木弘明監督(62)は「緊張感を持たないと。距離も人数も箱根は違いますから」と、おごりない姿勢で雰囲気を引き締めた。今回はメンバーに入らなかった神戸駿介主将や小島海斗(ともに4年)ら実力者も、2か月後の大舞台へ準備を進める。

 8区を担い、東海大・名取燎太(4年)との一騎打ちを制したエース田沢廉(2年)も朝から汗を流し、校舎にかかる垂れ幕をバックに笑顔。2冠も視野に入る名将は「選手層の厚みが増していけば、3位以内という目標にも近づく。スタミナをつけて、余裕度を持って走れるようにしたい」とすでに箱根路を見据えていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請