映画「鬼滅の刃」興収157億円到達で「アバター」超え日本歴代10位に

映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」
映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」

 10月16日から全国公開中のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)の興行収入が1日までに157億9936万5450円、観客動員は1189万1254人を記録したことが2日、配給元の東宝とアニプレックスから発表された。日本の歴代興行収入ランキング(興行通信社調べ)で、映画「アバター」(2009年)の156億円を越え、歴代10位となった。

 同作は公開3日間で興行収入46億円、動員数342万人。公開10日間で107億円、798万人。公開16日間で1000万人を記録。いずれの数字も日本最速での達成となっていた。しかも新型コロナウイルス感染拡大の影響で、平日はまだ座席数を制限する劇場も多い中での快挙だ。鬼滅旋風は続きそうだ。

◆日本の歴代興収ベスト10(興行通信社調べ)

1 千と千尋の神隠し(01年)308億円

2 タイタニック(97年)262億円

3 アナと雪の女王(14年)255億円

4 君の名は。(16年)250.3億円

5 ハリー・ポッターと賢者の石(01年)203億円

6 ハウルの動く城(04年)196億円

7 もののけ姫(97年)193億円

8 踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(03年)173.5億円

9 ハリー・ポッターと秘密の部屋(02年)173億円

10 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(20年)157.9億円

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請