智弁学園9年ぶり12回目の優勝 山下主将「ずっと打倒大阪桐蔭でした」

9年ぶりの優勝を決め、マウンドで喜ぶ智弁学園ナイン
9年ぶりの優勝を決め、マウンドで喜ぶ智弁学園ナイン

◆秋季近畿大会 ▽決勝 智弁学園7―3大阪桐蔭(1日・わかさスタジアム京都)

 来春の第93回センバツ高校野球大会(2021年3月19~31日)の出場校を決めるための重要な参考資料となる秋季近畿大会の決勝が行われ、智弁学園(奈良2位)が大阪桐蔭(大阪1位)を破り、9年ぶり2度目の優勝を飾った。

 2点リードの3回1死から智弁学園主将の山下陽輔三塁手がフルスイングで左中間にソロ弾を運んだ。最速150キロ左腕の大阪桐蔭・松浦慶斗投手(ともに2年)から高校通算第12号。「打った瞬間入ったと思いました。ずっと打倒大阪桐蔭だったので、勝てて良かったです」と笑顔を見せた。

 来年ドラフト候補の前川右京左翼手も7回に大阪桐蔭・関戸康介(ともに2年)のストレートを完璧に捉え、高校通算29号ソロを右翼に突き刺した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請