【アルテミスS・敗者の弁】札幌2歳S2着のユーバーレーベンは9着 柴田大「思い通りの競馬ができませんでした」

スポーツ報知
アルテミスSで9着のユーバーレーベン

 ◆第9回アルテミスS・G3(10月31日、東京競馬場・芝1600メートル=良)

 2歳牝馬重賞は16頭によって争われた。吉田隼人騎手が手綱を執り、1番人気に推された白毛馬、ソダシ(栗東・須貝尚介厩舎、父クロフネ)が2番手追走から直線で抜け出して快勝。無傷の3連勝で、札幌2歳Sに続く重賞連勝を飾った。勝ち時計は1分34秒9。

 2着は、直線で末脚を伸ばした2番人気のククナ(クリストフ・ルメール騎手)。3着には3番人気のテンハッピーローズ(田辺裕信騎手)が続いた。

 柴田大騎手(ユーバーレーベン=9着)「前半でロスがあった。思い通りの競馬ができませんでした」

 戸崎騎手(タウゼントシェーン=15着)「本来の走りができていない。体に幅が出てほしいです」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×