馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

大物の予感(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチ。最近、週末の栗東更新が多いなと思いつつ、本日も行ってみましょうか♪

 さて、昨日は巨人がセリーグ連覇を決めました。昨日も勝ち切れず、マジックが1ケタに入ってからは正直、他チームを圧倒していた夏の戦いはどこへやらと昔を懐かしく思い出したり、もどかしい日々が続いていましたが、まぁ、勝てば官軍です。

 しかし、巨人よりソフトバンクですよ。競馬で言えば、まさに怒とうの追い込み。いつの間にやら、マジックを1ケタにして、何と巨人より先に優勝しちゃったんだから驚いた。しかも、周東選手に至っては、連続試合盗塁の世界新記録なんて本当にすごい。個人的には内川選手の退団や、サファテ選手の引退かもっていう話、優勝を決めた試合に地元出身の今宮選手がいなかったりと結構気になるニュースが多かったけど、まぁ、選手層が厚いこと。巨人の日本一への道、かなり険しそうな気がする…。

 ということで、プロ野球の優勝の話題なんて書いてるから、全く実感がないんだけど、明日から11月だなと思いつつ、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に、といきたいけど、京都はPOG的な注目レースはそんなにないかな。隣の芝がよく見える、じゃないけど、東京の新馬は豪華だなぁ、と思ってはいますが…。

 その東京5Rに矢作厩舎から【ブラックジュエリー(牝、父ディープインパクト、母リトルブック)】が出走します。こちらは昨年のダービー馬ロジャーバローズの全妹です。今週はコンビを組む武豊Jが追い切りに騎乗。陣営の見立てと同じように、素質は感じるが体力的にまだ幼さがある、という見立てだったようです。「現状の調教は体力的なモノを含めて、こんなもんだろう。軽い芝でいいタイプだと思う」とは矢作調教師。どこまで走れるか、ですね。矢作厩舎といえば、栗東にデイリー杯2歳Sに出走する【ホウオウアマゾン(牡、父キングカメハメハ)】が戻ってきています。このレースは【カイザーノヴァ(牡、父モーリス)】との2頭出しですね。また、札幌2歳Sで3着だった【バスラットレオン(牡、父キズナ)】は京都2歳Sで復帰することが決まりました。

 京都3Rでは友道厩舎の【ルリオウ(牡、父ゴールドシップ)】が2戦目を迎えます。デビュー戦はマイルだったんですけど、調教を積むにつれ、友道調教師は「距離が短いかも」と話していたんですよね。で、今回は2000メートルへの投入で、チークも着けます。「距離を延ばすし、上積みもあると思うから」と一変に期待する一戦のようです。

 友道厩舎のPOG情報を少々。来週の阪神芝1800メートルで、いよいよ【オヌール(牝、父ディープインパクト、母アヴニールセルタン)】がデビューします。母は名牝で、全姉にデゼルがいますね。今週の追い切りでは武豊Jが騎乗しました。「ジョッキーも『いい』と言ってくれたし、動きはよかった。お姉ちゃんより体が柔らかいね。性格は姉よりヤンチャ。その点はヴィルシーナとヴィブロスの関係に似ている感じ」と友道調教師は話します。とにかく、期待の大きな一頭であることは間違いなさそう。楽しみですね。

 前日の芝2000メートルに藤岡康Jで使う【ヴェルトハイム(牝、父ロードカナロア、母ワイルドココ)】も評価の高い一頭ですね。「いいですね。カナロア産駒だけど、距離がもちそうな体つきをしているし、牝馬だけど、しっかりと体力がある」とトレーナーは話していました。あと、先週の新馬で3着だった【ミスフィガロ(牝、父ディープインパクト)】。スムーズさを欠く場面がありながらも、最後は猛追した走りに「芝の実戦で走りが全然違った」と驚いた様子。こちらは11月23日、阪神の芝1800メートルで初勝利を狙います。あと、中京で初勝利を挙げた後、放牧に出ていた【シャドウエリス(牝、父ハーツクライ)】は赤松賞に向かうことが正式に決定。あと、黄菊賞で連勝を狙う【アドマイヤザーゲ(牡、父ドゥラメンテ)】は新たにルメールJとコンビを組みます。

 さて、POG情報。藤岡厩舎で先週のアイビーSで3着だった【スパイラルノヴァ(牡、父キズナ)】は自己条件のエリカ賞で連勝を狙います。また、先週の未勝利で初勝利を挙げた【スーパーホープ(牡、父キズナ)】は川田Jとの新コンビでデイリー杯2歳Sへ向かうことになりました。

 そして、ガッポ内尾先輩から頂いた藤原英厩舎の情報もお伝えしておきます。来週、2頭の新馬がデビューを予定しているようで、一頭が新潟での除外で延びていた【ジェネレイトヒート(牝、父ディープインパクト、母トータルヒート)】。7日の東京ダート1300メートルを岩田望Jで予定しているようです。

 そして、もう一頭が7日の芝2000メートルを福永Jで予定している【サトノペルセウス(牡、父ディープインパクト、母ダンサーズディスティネーション)】。こちらはお母さんがイタリアの重賞勝ち馬で、昨年のセレクト1歳セールでは1億6000万円がついています。「トモ(後肢)の緩さはあるけど、芝に行って、いいキャンター。500キロくらいあって見栄えがする。走りが軽くていい感じ」と田代助手。この厩舎らしく、しっかりと乗り込んでのデビュー戦となりそうです。さらに、全姉にリリーピュアハートを持つ【エリカステラ(牝、父ディープインパクト、母リリーオブザヴァレー)】は14日の阪神芝マイルを北村友Jで予定しているとのことでした。内尾先輩、サンキューです!

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京8R・4リリーピュアハート(この馬が最も強かったのが同じ東京2400メートルのゆりかもめ賞。最適な舞台で、この相手なら負けられない)

 続いては「馬券王への道 延長戦」をどうぞ。

京都6R・8ナムラゴロフキン(激しい先行争いに積極的に絡みつつ、結構踏ん張った前走は好内容)

東京7R・4アドマイヤチャチャ(やはり、良馬場でこそか。前走は展開も厳しかった。巻き返す)

東京10R・11メリーメーキング(前走は忙しい距離でもよく差を詰めた。東京替わり&距離延長はもちろん歓迎)

東京12R・6プレイヤーズハイ(ダートスタートで、もっと位置で流れに乗りたい)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請