【巨人】山瀬慎之助が3回裏から途中交代 2回無死一、二塁の打席で投球が右手の指に直撃か 2軍西武戦

山瀬慎之助
山瀬慎之助

◆イースタン・リーグ 西武―巨人(31日・カーミニーク)

 巨人の山瀬慎之助捕手(19)が「9番・捕手」で先発出場するも、3回裏の守備からベンチに下がった。

 2回無死一、二塁で迎えた1打席目にバントの構えをしたが、その初球。インコース高めに山瀬は避けようとのけぞったが、ボールは引いたバットに当たったとの判定でファウルとなった。その直後に山瀬は右手の指を気にする仕草を見せ、トレーナーも駆けつけたがプレーを続けた。その裏の守備ではマスクを被ったが、3回の守備から育成捕手の小山と交代した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請