【ソフトバンク】内川聖一、ホークス有終の美へ「元気なところ見せる」…グッズ売れまくり

ノックを受ける内川聖一(カメラ・石田 順平)
ノックを受ける内川聖一(カメラ・石田 順平)

 ソフトバンク・内川聖一内野手(38)が30日、ファンへ恩返しの全力プレーを誓った。11月上旬にも退団が決定する見通しで、10年間過ごしたホークスでのプレーも31日のウエスタン・阪神戦(タマ筑後)と11月1日の同カードの残り2試合。出場に向け、福岡・筑後のファーム施設で調整した内川は穏やかな口調で心境を打ち明けた。

 「元気なところを見せられればいいなと思います。少なからず、僕のことを応援してくれていた方もいらっしゃると思うので。そういう方がホークスのユニホーム姿で野球をやっているところを見て、喜んでもらえるように頑張りたいです」

 今季は20年目で初めて1軍出場なし。現役続行を強く希望し、退団の意思を申し入れたもようだが、2軍の順位次第では出場を辞退することも考えただけに「優勝を決めて(29日にウエスタン連覇)帰ってきてくれた」と後輩選手への感謝も添えた。

 球場には内川のグッズコーナーが設置され、人気の高さを示すように、すさまじい勢いで売れていた。4度のリーグV、6度の日本一に貢献し、現役最多の2171安打を誇るバットマンは美しい打撃で健在を証明するつもりだ。(長田 亨)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請