【磐田】8位から逆襲だ! 昇格へ絶対連勝…1日首位福岡戦、4日2位徳島戦

MF遠藤(左)ら磐田の選手は、首位・福岡戦に向けトレーニングを行った
MF遠藤(左)ら磐田の選手は、首位・福岡戦に向けトレーニングを行った

 リーグ8位(勝ち点41)のJ2ジュビロ磐田は11月1日、ホーム(ヤマハ)で首位(同59)の福岡と対戦。30日は練習公開日だったが、戦術練習が始まる前に報道陣をシャットアウト。福岡戦後は4日に2位(同56)の徳島戦(ポカリ)が控えており、J1昇格への絶対負けられない連戦に向けてピリピリムードを漂わせた。

 福岡は今季の総失点は20点とリーグ最少。手堅い守備でカウンターを仕掛けてくる強敵だ。ゴールをどうこじ開けるかが見どころだが、鈴木政一監督(65)は「申し訳ないがシークレット」と作戦をベールに包んだ。

 G大阪から期限付き移籍でMF遠藤保仁(40)が加入してから3勝2分けで負けなし。好調な反面、守備の要、MF今野泰幸(37)が右膝負傷で戦線離脱するなど不安材料もあり、手の内を伏せたいという事情もある。鈴木監督はこの1週間、最も力を入れたのは守備だったことを明かし「(守備から攻撃への)ビルドアップの質を上げないといけない。福岡さんのサッカー意識した中でトレーニングをした。フィニッシュ、ラストパスの精度をやっているところ」と説明した。

 フィニッシュへのキーマンの一人、MF山田大記(31)は、遠藤加入により「攻撃の選手の動き出しが多くなり、質が高くなった」と断言。そして「(J1)昇格の可能性を残せるか、なくしてしまうかが決まる2試合になるといっても過言ではない。勝てれば、いい転機になる」と意気込んだ。(甲斐 毅彦)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請