コンサMFチャナティップ9戦ぶり復帰見据える

28日の練習でドリブル突破を図る札幌MFチャナティップ(右)(左はDF田中)
28日の練習でドリブル突破を図る札幌MFチャナティップ(右)(左はDF田中)

 コンサ31日G大阪戦 J1北海道コンサドーレ札幌MFチャナティップ(27)が9戦ぶりの復帰を見据える。札幌は28日、アウェー・G大阪戦(31日)へ向け、宮の沢で練習。9月16日鳥栖戦(2〇0)の右太もも裏負傷から、27日に全体練習に合流した背番号18は、状態アップを強調した。

 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(63)の熱いゲキが飛ぶ中で行われた3対3の戦術練習では、シャドーを想定した位置でキレある動きを披露した。1か月以上試合から離れていただけに「90分戦えるかはまだ未知数」と冷静だが、「必要とされれば戦える準備はできつつあるよ」と久々の実戦復帰を虎視たんたんと狙う。

 離脱直後のホーム・G大阪戦(9月19日、0●1)は悔しい敗戦も、その後チームは調子を戻し、直近5戦は3勝1分け1敗。同じシャドーに入ることも多いFWアンデルソンロペス(27)、MF金子拓郎(23)らが貢献しており「競争の中でいかに自分の良さを出すか」と刺激も受ける。「札幌は寒さに強いし、2連勝でいい戦いができている。自分もそこに加わってサポーターにどんどん勝利を届けたい」と、G大阪への雪辱と今季初3連勝への貢献を思い描いた。(川上 大志)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請