【DeNA】ドラフト1位入江大生、“栃木大使”就任の野望…魅力度最下位「どうにかしたい」

DeNAの吉田顧問(左)と八馬スカウト(右)から指名あいさつを受けたドラフト1位指名の明大・入江
DeNAの吉田顧問(左)と八馬スカウト(右)から指名あいさつを受けたドラフト1位指名の明大・入江

 DeNAからドラフト1位指名を受けた明大の入江大生投手(22)が29日、東京・府中の同大野球部合宿所で吉田顧問兼代表補佐、進藤編成部長、河原スカウティングディレクター、八馬スカウトの指名あいさつを受けた。栃木県出身の入江はドラフト当日に続き、この日も“栃木愛”をアピール。魅力度ランキング最下位脱出への貢献を誓った。

 栃木県は調査会社「ブランド総合研究所」(東京都港区)の「都道府県魅力度ランキング」で最下位に転落。プロでの目標を問われた最速153キロ右腕は1年目から2ケタ勝利を掲げた上で、「魅力度ランキング最下位なので、どうにかしたい」という目標を付け加えた。

 「活躍次第で観光大使を目指したい」と故郷“復権”に気合十分。県が委嘱する「とちぎ未来大使」には、球界からは石井琢朗氏、真中満氏、渡辺俊介氏、広沢克実氏、成瀬善久氏らが名前を連ねている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請