【西武】CS1差!栗山巧が6回適時二塁打「今度はうちがCS2位から日本シリーズに」

6回1死一、二塁、適時二塁打を放った栗山(右)を迎える西武ナイン(カメラ・池内 雅彦)
6回1死一、二塁、適時二塁打を放った栗山(右)を迎える西武ナイン(カメラ・池内 雅彦)
6回1死一、二塁、右中間に適時二塁打を放った栗山巧(カメラ・池内 雅彦)
6回1死一、二塁、右中間に適時二塁打を放った栗山巧(カメラ・池内 雅彦)

◆パ・リーグ 西武4―3楽天(28日・メットライフドーム)

 頼れる男の一振りが、クライマックスシリーズ(CS)進出へ大きな勝利をもたらした。4番・栗山が振り抜いた打球は右翼手の頭上を越えると2人の走者は全力疾走で生還。球場は拍手に包まれた。

 1点リードの6回1死一、二塁、涌井の甘く入った119キロカーブを逃さなかった。リードを3点に広げる2点右越え二塁打を放ち、二塁ベース上で小さく笑った。「チャンスだったので結果を恐れることなく、しっかり振ろうと思った」

 今季は不動の4番・山川が打撃不振に陥り、シーズン終盤になっても4番は固定されないまま。メヒアや中村、外崎に加え、チームトップの打率2割8分1厘を誇る19年目のベテラン栗山も、ここまで8試合で4番に座っている。だが、4番での打率は1割6分7厘。「機能した方が打線として活発になる場所。足を引っ張らないように頑張ろうという意識なんですけどね…」と必死で、この日はしっかりと役目を果たした。

 18年からリーグ連覇を成し遂げながらも、2年連続CSで敗退。宿敵ソフトバンクに勝てずにいる。「ニュースで見た」という27日のソフトバンクの優勝には「もちろん悔しい」と唇をかんだが、「今度はうちがCS2位から日本シリーズに出たい」と力を込めた。

  • ロッテと西武の2位争い

    ロッテと西武の2位争い

 CS進出への“逆転切符”をつかめる位置まできた。2位・ロッテとの最大9ゲーム差を「1」まで縮めた。残りは11試合。試行錯誤を繰り返しながらも、怒とうの追い上げ態勢に入った。(森下 知玲)

試合詳細
6回1死一、二塁、適時二塁打を放った栗山(右)を迎える西武ナイン(カメラ・池内 雅彦)
6回1死一、二塁、右中間に適時二塁打を放った栗山巧(カメラ・池内 雅彦)
ロッテと西武の2位争い
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請