「嵐」からヤクルト&中日に試合中断の謝罪…竜には嵐5人の直筆サイン色紙と大量のバウムクーヘン

 24日のヤクルト・中日戦(神宮)の試合中に、人気グループ「嵐」の無観客配信公演「アラフェス 2020」の収録を行っていた国立競技場から花火の煙や風船が球場に流れ込んで2度中断したことを受け、両球団が謝罪を受けていたことが28日、分かった。

 演出についてはライブ前に両球団や審判には伝えられていたが、2度の中断を招いたことで所属するジャニーズ事務所は直後に公式サイトでおわび。25日には、あらためて直接謝罪。ヤクルトの球団関係者は「ご迷惑をかけたということでした。仕方がない」と語った。中日にはヤクルトを通じ、おわび文と「中日ドラゴンズの選手の皆様へ」と記された嵐5人の直筆サイン色紙と大量のバウムクーヘンが届けられた。色紙はナゴヤドームに飾られる予定。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請