【ホンダFC】岡崎城西高出身のFW岡崎優希がマルヤス岡崎から決勝弾

後半35分、ついにゴールをこじ開けたホンダFCのFW岡崎が歓喜のポーズ
後半35分、ついにゴールをこじ開けたホンダFCのFW岡崎が歓喜のポーズ

 ◆サッカー天皇杯 ▽3回戦 ホンダFC1―0FCマルヤス岡崎(28日・エコパスタジアム)

 3回戦が行われ、ホンダFC(アマチュアシード)がFCマルヤス岡崎(愛知)を1―0で下した。同じJFL所属でお互いに手の内を知っており、守備を固められて苦しんだが、後半35分にルーキーのFW岡崎優希(23)=流通経済大出=がゴールを奪った。4回戦は12月12日か13日に行われ、対戦相手は後日行われる抽選で決まる。

 入社1年目、ホンダの23歳・岡崎が、マルヤス岡崎のゴールをこじ開けた。後半35分、左サイドにボールがこぼれると、DF八戸雄太(25)が直接ゴール前へクロス。そこへ「ニアが空いていた。来ると思った」とマークを振り切って猛然と走り込み、ダイレクトで蹴り込んだ。

 今季リーグ戦は途中出場が多く、ここまで2得点。9月23日の常葉大との初戦はベンチ入りしたものの、出番はなかった。それが同26日のリーグ戦以来となる先発を任され「長い時間プレーできる。絶対に点を取ってやる」と燃えていた。初めて踏みしめるエコパのピッチにも「楽しい」とテンションが上がっていた。

 チームは今月16日、井幡博康監督(46)とプロ契約3選手が今季限りで退団することを発表。「いつも通りにやるだけ」と指揮官は話したが、岡崎は「いい形で終わりたい」と意識していた。愛知県出身で、高校は岡崎市にある岡崎城西。かつての“地元”チームを持ち味のスピードで撃破した。

 修正もできていた。24日のリーグ戦では高知に0―1で今季初黒星を喫した。「点を取らなきゃ」という思いが空回りした、と指揮官は振り返る。だが、この日は守備を固める相手にじれることもなく、冷静にパスを回してチャンスを待った。「予想通りの展開。平常心で戦えた」とMF鈴木雄也主将(29)は胸を張った。

 4日後の11月1日にはリーグ戦(対いわきFC)が控える。現在2位。5連覇へ向けて負けられない。「切り替えていく」と指揮官。JFLと天皇杯のダブル制覇へ、ホンダイレブンは前進し続ける。(里見 祐司)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請