B1・北海道の折茂社長が新型コロナ陽性 現在は自宅療養中

レバンガの折茂社長
レバンガの折茂社長

 Bリーグ1部レバンガ北海道の折茂武彦社長(50)が28日、新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことがクラブから発表された。折茂社長は25日の滋賀戦(札幌)の試合会場から帰宅後、38・3度の発熱があり、26日は37・2度。27日は36・1度に下がり、他に症状はなかったがチームドクターと相談し、PCR検査を実施。28日に陽性判定を受けた。現在は自宅療養中。感染源は確認されていないが、保健所の指示のもと、行動記録に基づく追跡調査を行った結果、選手及びチームスタッフに濃厚接触者は無しと判断され、同日夜の宇都宮対北海道戦(宇都宮)も実施された。クラブ側は、新型コロナ感染症対策を再度徹底する。

 折茂社長は今春、27季の現役生活を引退。日本出身選手初の通算1万得点達成、球宴最年長(49歳)MVPで「ギネス世界記録」にも認定されたレジェンド。引退後もチームの「広告塔」として活躍、今季からBリーグのアンバサダーも務めている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請