中川翔子、あだ名でいじめ被害の経験語る「学校だと同じ空間にいなきゃいけないし、逃げられない。後半行かなくなって」…小学校であだ名禁止の動き

中川翔子
中川翔子

 タレントの中川翔子(35)が学生時代にひどいあだ名をつけられて、いじめを受けていたことを告白した。TBS系情報番組「グッとラック!」(月~金曜・朝8時)は28日、クラスメートのあだ名で呼ぶことを禁止する小学校が増えていることを取り上げ、賛否両論を紹介した。

 今では「しょこたん」と呼ばれ、親しまれているが、中学時代についたあだ名は「ゲロマシーン」。中川は「胃が悪くて、精神的にしんどくなると気持ち悪くなっちゃって吐いちゃったりしていた。それで、『ゲロマシーン』って聞こえてきて。言い返したりもできないし、呪いのノートにその人の顔をそっくりに描いて破いたり燃やしたりしていましたけど」と振り返った。

 「学校だと同じ空間にいなきゃいけないし、逃げられないし、最終的に中学の時はもう学校、後半行かなくなって…」と苦しんだことを明かした。

 (ひどいあだ名で呼ばれることは)「心に刺さる攻撃でもあったりするので、全然乗り越えてもないし、好きなことをひたすらやってましたね。絵を描いたり、歌ったり、アニメを見たり、ネットをやったりとか。そういうことをしている状態でずっといないと、嫌なこと、悪口を言われたこととか思い出しちゃうんで…」と辛かった思い出を話した。

 しかし、学校でのあだな禁止については、「私は反対ですね。ちょっと極端かなと思っちゃいます」とし、「『しょこたん』というあだ名に感謝してます。『しょこたん』というあだ名のおかげで、ほんと子供たちとか知ってもらったり、今の子供たちも『しょこたん』と呼んでくれて、『しょこたん、頑張れと』か言ってくれるんですね」と話した。

 そして「あだ名が悪いとか、そういうことではないじゃないかなと思うんですよね。攻撃する人物がいるという状況だと思うので、そこに先生がもうちょっと個別に向き合えないのかな。あだ名イコールいじめではないですからね」とした。

芸能

×