【日本ハム】斎藤佑樹が右肘手術を検討…シーズン通じて痛み 復活の道を模索へ

斎藤佑樹投手
斎藤佑樹投手

 日本ハムの斎藤佑樹投手(32)が右肘の手術を検討していることが27日、分かった。複数の関係者によると、今季は年間通じて右肘痛に悩まされており、投球にも大きく影響。じん帯を断裂している可能性もあるといい、さまざまな治療法を検討しているもようだ。仮に右肘じん帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けた場合、過去の同様の例では実戦復帰まで12~15か月程度かかるとみられる。

 プロ10年目を迎えた今季はここまで1軍登板はなし。2軍では19試合に登板しているが、今月16日のイースタン・巨人戦(G球場)では、2/3回を投げて4安打5失点。ここまで1勝3敗、防御率9・31と右肘痛の影響は免れず、苦しい投球が続いていた。斎藤自身は現役続行に強い意欲を示しているとみられ、今後はさまざまな選択肢を視野に入れながら、復活の道を模索していく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請