【中日】2位・中日が8回にミスミス3失点 阪神とのゲーム差は2に

8回1死、木浪(左)の一ゴロでベースカバーに入った福はエラーにガックリ
8回1死、木浪(左)の一ゴロでベースカバーに入った福はエラーにガックリ

 ◆JERAセ・リーグ 阪神4―1中日(27日・甲子園)

 中日が終盤の“守乱”で、2位を争う阪神との競り合いを落とし、ゲーム差は2に縮まった。

 1―1で迎えた8回、救援陣を支える左腕・福敬登投手(28)が自らのミスでピンチを作った。1死から木浪のゴロを一塁手・ビシエドが好捕したが、ベースカバーに入った福が送球を捕り損ねた(記録は失策)。続く坂本の投前へのバント処理の際に一塁へ悪送球し、二、三塁。それでも代打・原口を二飛に抑え、続く近本は浅いライトへの飛球に仕留めたか…に見えた。

 しかし、右翼手はこの日プロ初スタメンの滝野要外野手(24)。甲子園でのナイターに慣れていなかったからか、目測を誤り一瞬、バック。慌てて前進してスライディングキャッチを試みたが、打球は右翼の芝生上を転がるタイムリー2点三塁打となった。なおも糸原が投手強襲の適時打で続き、4点目。中日からすれば、小さなミスの連鎖がほころびとなり、大きな傷になってしまった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請