【阪神】負ければV逸決定の崖っぷちから3連勝 2位・中日と2ゲーム差

8回2死二、三塁、近本が右中間へ勝ち越し適時三塁打を放つ
8回2死二、三塁、近本が右中間へ勝ち越し適時三塁打を放つ

 ◆JERAセ・リーグ 阪神4―1中日(27日・甲子園)

 負ければV逸が決まる「逆マジック1」状態から、阪神が驚異の粘りを見せた。

 同点で迎えた8回2死二、三塁のチャンスで近本が右前に上がる飛球を放った。右翼・滝野がスライディングキャッチを試みたものの、外野の天然芝にポトリ。2者が生還する勝ち越しの三塁打となった。続く糸原もタイムリーで続き、一挙3点を勝ち越した。

 9回は守護神のスアレスが締めて、リーグトップを快走する24セーブ目を挙げた。チームは24日の巨人戦(東京D)から3連勝。巨人の結果次第だが、また15年連続のV逸を遅らせた。2位・中日とも2ゲーム差に迫った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請