【東都大学野球】駒大が首位・立正大に逆転勝ち エース竹本が好救援

5回から好救援した駒大・竹本
5回から好救援した駒大・竹本

◆東都大学野球秋季リーグ戦第4週第1日▽駒大7―3立正大(27日・神宮)

 駒大は2―3で迎えた7回裏、初回にソロアーチを放った2番・指名打者の与倉良介(2年=向上)が、走者2人を置いて逆転の二塁打。次打者の四球の後、4番の鵜飼航丞左翼手(3年=中京大中京)がバックスクリーンに3点本塁打を打ち込み、一気に立正大を引き離した。

 守っては、5回から登板したエース・竹本祐瑛投手(4年=八戸西)が5イニングを被安打1で無失点に抑えるピッチング。「竹本を投入して試合を落ち着かせるタイミングを見計らっていた」という大倉孝一監督の期待に応え、チームに流れを呼び込んだ。

 駒大は、秋季リーグ戦2勝目。一方、ここまで5勝1敗で亜大とともに首位に立っていた立正大にとっては、痛い敗戦となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請