小倉智昭氏、巨人のドラ1・平内龍太を絶賛「いいところに目をつけましたね」

巨人からドラフト1位指名を受け、仲間の祝福を受けながら投球フォームを披露する亜大・平内龍太(中央)
巨人からドラフト1位指名を受け、仲間の祝福を受けながら投球フォームを披露する亜大・平内龍太(中央)

 27日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では冒頭、26日に行われた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」の話題を取り上げた。

 司会の小倉智昭氏(73)は「巨人は育成で12順目まで取りました。驚きましたね」と、まずポツリ。

 さらに巨人が「外れ1位」で単独指名した亜大の平内(へいない)龍太投手(22)を「いいところに目をつけましたね。彼は神戸国際大付の時、ドラフトにかからなくて。亜細亜大の生田(勉)監督に『よし、プロに行くぞ!』と鍛えられて、156キロまで出るようになって」と詳細に説明した上で期待を寄せた。

 大の西武ファンとして知られる小倉氏は同球団のドラ1、桐蔭横浜大の渡部健人内野手(21)についても「すごいところに行きましたねー。おかわり3世ですよ」と笑顔。「とにかく面白いドラフトでしたね」と振り返っていた。

 

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請