広瀬すず、初CA役で制服姿披露「ちょっと気取ってしまう」テレビ朝日来春SPドラマ

テレビ朝日系ドラマ「エアガール」に主演する広瀬すず
テレビ朝日系ドラマ「エアガール」に主演する広瀬すず

 女優の広瀬すず(22)が来春放送のテレビ朝日系スペシャルドラマ「エアガール」(日時未定)で客室乗務員(CA)役に初挑戦することが26日、分かった。演じるのは戦後初のCA・佐野小鞠(さの・こまり)。当時日本は敗戦で連合国軍総司令部(GHQ)から航空活動を一切禁止に。航空事業が再開されてからは、CAは最先端の仕事として女性たちの人気職業となった。物語は史実をベースに作られ、小鞠は作中の「日本民間航空」のエアガール第1期生となる。

 「飛行機の窓から空を見ると、異空間に浸って現実を忘れられるような感じがするんです」とフライト好きの広瀬。明るいグレーの制服に「身につけただけでちょっと気取ってしまうような、モチベーションが高まるユニホーム」と笑う。「衣装合わせで着てみた時、役柄のイメージが広がったので、すごく安心しました」。当時流行していた髪形でCAになりきる。

 作品では航空事業の始まりに関わった男たちの熱いストーリーや、小鞠とパイロット志望の青年との淡い恋物語も描かれる。既に撮影は8月に終了しており「日本にも、かつてこんな物語があったんだと知ってもらえる機会になったら」と呼びかけている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請