【ROAD TO THE GRAND PRIX&QUEENS CLIMAX】11位茅原GP出場決めるぞ

F2の状況でダービーでもしぶといレースを見せていた茅原
F2の状況でダービーでもしぶといレースを見せていた茅原

 25日に終了したボートレースダービーでは、深谷知博がSG初優出で初優勝、一気に賞金ランク5位まで浮上して、初めてのグランプリ(GP)出場も確実なものにした。惜しくもダービー連覇はならなかったものの、準Vの毒島誠は賞金9位で、4年連続のGP出場へ着実に前進した。

 一方、9月にF2になった茅原悠紀が11位に踏みとどまっている。厳しい状況ながら、ダービー前のまるがめ68周年では価値ある準Vだった。11月21日からF休みのためチャレンジカップ(蒲郡)には出られないが、11月になればF2の重荷はなくなる。前回の平和島GP(14年)の覇者でもある。とこなめ67周年と津68周年までにGP出場を決めてしまいたいところだ。

 女子は10月に入って徳山、津と2節連続優出で追い上げた川野芽唯が、クイーンズクライマックス(QC)出場圏内の賞金12位まで浮上した。第1回からの9年連続出場がかかる寺田千恵、地元・浜名湖でのQC出場を目指す長嶋万記にとっては正念場だ。

F2の状況でダービーでもしぶといレースを見せていた茅原
すべての写真を見る 1枚

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請