【ドラフト】星稜・林監督が奥川、山瀬、内山らセ界の教え子に期待「切磋琢磨して」

林監督(右)から祝福された星稜高・内山
林監督(右)から祝福された星稜高・内山

◆2020年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(26日)

 星稜高(石川)の内山壮真捕手(18)は、ヤクルトに3位指名された。

 高校通算34発で広角に打ち分ける打撃が持ち味。遠投100メートルの強肩で遊撃も守れる。昨夏の甲子園は2年生で4番を務め、1学年上の奥川恭伸投手(ヤクルト)、山瀬慎之助捕手(巨人)のバッテリーとともに準優勝に貢献した。

 この日、金沢市内の同校で行われた会見には林和成監督(45)が同席。「昨年は奥川と山瀬も同じセ・リーグに指名されました。ともに切磋琢磨(せっさたくま)して、お互い刺激し合って、1軍のハイレベルな戦いの中で頑張ってほしいですね」と、内山らに大きな期待を寄せた。

 内山は「星稜高での3年間、人間としても、野球の技術もたくさん学んだ。プロでも生かして頑張りたい」と林監督らに感謝。会見時には奥川に「まだ連絡していません。『よろしくお願いします』『一緒にできるように頑張ります』と連絡したいです」と話した。

ドラフト速報

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請