窪田正孝、芦田愛菜との“2人きりアフレコ”に「緊張しました」

舞台あいさつした(左から)芦田愛菜、窪田正孝、西野亮廣
舞台あいさつした(左から)芦田愛菜、窪田正孝、西野亮廣

 俳優の窪田正孝(32)、女優の芦田愛菜(16)が26日、吹き替えを務めたアニメ映画「えんとつ町のプペル」(12月25日公開)のハロウィーンイベントを都内で行った。

 「キングコング」の西野亮廣(40)が書き下ろし、累計50万部超えのヒットを記録した同名絵本の映画版。上を向けなくなってしまった世界で星を信じて探す少年・ルビッチ(芦田)とゴミから生まれたゴミ人間のプペル(窪田)の友情と冒険を描くストーリーで、映画の脚本・製作総指揮も西野が務めている。

 窪田は「ゴミです!」と第一声であいさつ。アフレコを振り返り「心洗われる作品。いろいろなことを感じさせていただきました」と語った。後半は芦田と2人でアフレコに臨んだといい、芦田は「窪田さんと演技させていただいて、友達になっていくようなところが感じられたり、感情移入してウルッとくるシーンもあった」と語ると、窪田も「(ブースに)2人きりのとき緊張しました。なかなか2人きりってならないよね…? ポンコツで話できなくてすみません」と苦笑していた。

 作品の内容にちなみ、夢を信じ続けるために大切なことを尋ねられた窪田は「生きて、動き続ける限り、夢は形を変えてもあり続けると思います」と力説。芦田も「できないとか身の丈に合わないと決めつけずに、できる範囲で頑張ってみることが大きな夢につながる」と語った。西野は「知らない、得体のしれないことは人は『嫌い』となってしまうけど、それを否定しないこと」と真剣な表情で話すも、「今、キマったと思ってます」とおどけて笑わせた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請