【ドラフト】トヨタ自動車・栗林は広島が1位一本釣りで交渉権獲得

広島から1位指名を受け笑顔を見せるトヨタ自動車・栗林良吏
広島から1位指名を受け笑顔を見せるトヨタ自動車・栗林良吏

◆2020年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(26日)

 社会人NO1右腕のトヨタ自動車・栗林良吏投手(23)は、広島が交渉権を獲得した。

 栗林は名城大で愛知大学リーグ32勝を挙げ、トヨタ自動車に入社した昨年からエース格として活躍。最速156キロの直球を武器に、カーブ、フォークなど変化球の制球力も高い。リリーフの経験もあるなど、経験値も豊富で、1年目から先発ローテに入って2ケタ勝利も期待できる逸材だ。

 昨秋、ドラフト1位で獲得した森下に続き、2年連続で一本釣りに成功した佐々岡監督は「ほっとしていますし、うれしい。全てにおいて素晴らしい投手。まっすぐの強さ、変化球、本当にコントロールもいい。一緒にユニホームを着たい気持ちでいっぱいです」と右腕へラブコールを送った。

ドラフト速報

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請