【高校バスケットボール】岩手の女子・盛岡白百合学園 2年連続23度目優勝 ウインターカップ出場へ

ウインターカップ出場を決めた盛岡白百合学園の選手たち
ウインターカップ出場を決めた盛岡白百合学園の選手たち

バスケットボール岩手県高校選手権(25日、一関総合体育館)盛岡白百合学園102―63盛岡市立

 男女の決勝が行われ、女子は盛岡白百合学園が盛岡市立に102―63で圧勝し、2年連続23度目の優勝。12月23日開幕のウインターカップ(WC、東京体育館)に出場する。

 左右のコーナーから何度もシュートを決め、盛岡市立を圧倒した。先発した1年生シューティングガード(SG)山田杏美が4本の3Pを決める活躍で2年連続の優勝に貢献。準決勝までシュートが決まらなかったが、小川陽監督から「何も考えないで打ちなさい」と声をかけられたことが、開き直ったプレーにつながった。「どこからでもシュートが打てるのがチームの強み」と指揮官。頼もしい1年生シューターは、全国でも大活躍の予感だ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請