【ロッテ】井口監督、神の手&“幸運のネクタイ”で大物引き当てる…毎年妻が選んで購入

19年のドラフトで、大船渡・佐々木朗希のくじを引き当てた井口監督
19年のドラフトで、大船渡・佐々木朗希のくじを引き当てた井口監督
12球団ドラフト1位予想
12球団ドラフト1位予想
ドラフト番付
ドラフト番付

 ロッテの井口資仁監督(45)が“幸運のネクタイ”で26日のドラフト会議に挑む。15日に早大・早川の1位指名を公表。競合は必至だが「くじ引きは最後の方だと思うので、残りものに福があればいいなと思います」と話した。18年に3球団競合で藤原を当て、昨年は4球団競合で佐々木朗を獲得。強運の秘訣(ひけつ)はネクタイだった。

 「その時のドラフトと選手のイメージに合わせたものを毎年、妻が買ってきてくれる」。18年は紺とゴールド、昨年は茶色だった。今年は早大カラーのえんじ色かと聞かれ「どうでしょう?」と笑ったが、20日には地元・西東京市にある田無神社で必勝祈願を済ませ準備万端。今年も「幸運のネクタイ」と「ゴットハンド」で大物を引き当てる。

 ◆昨年のドラフトVTR 星稜高・奥川には巨人、阪神、ヤクルトの3球団が1位で競合。朝に明治神宮を参拝した高津新監督が最初にくじを引いて当たった。大船渡高・佐々木朗には日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が1位で競合。2番目にくじを引いたロッテ・井口監督が当たりだった。また、楽天・石井GMは井口監督の後の3番目で「もともと(当たりが)ない箱の中を一生懸命探ってた」と苦笑いで振り返っていた。

2020年プロ野球ドラフト会議特集
19年のドラフトで、大船渡・佐々木朗希のくじを引き当てた井口監督
12球団ドラフト1位予想
ドラフト番付
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請