黒木華がアジア・コンテンツ・アワードで主演女優賞 昨年7月期「凪のお暇」の演技

アジア・コンテンツ・アワードで主演女優賞を受賞した黒木華
アジア・コンテンツ・アワードで主演女優賞を受賞した黒木華

 女優の黒木華(30)が25日、主演ドラマ「凪のお暇」(19年7月期、TBS系)の演技で「第2回アジア・コンテンツ・アワード」主演女優賞を受賞した。韓国女優キム・ヘス(50)らノミネート4人の中から選ばれ「世界的に厳しい状況が続く中で、このドラマが国を超えて、皆さんにみていただけた事、評価していただけた事がとても幸せ」と喜んだ。

 黒木にとって「重版出来!」(16年、TBS系)、「みをつくし料理帖」(17年、NHK)に続く連ドラ主演となった「凪―」。劇中では、場の空気を読みすぎて無理をして倒れたことをきっかけに、仕事も恋もリセットして人生の再生を図ろうとする主人公を好演。ザテレビジョンドラマアカデミー賞でも最優秀作品賞、主演女優賞に選ばれていた。

 黒木が受賞した「アジア―」は釜山国際映画祭に併設されたアジアンフィルムマーケットで、昨年に新設。アジア10か国で過去5年間に制作された作品を対象に、昨年の第1回では「全裸監督」(Netflix)で山田孝之(37)が主演男優賞、森田望智(24)が優秀新人賞を受賞した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請