志村けんさんの兄・志村知之さん、地元・東村山に銅像設置の募金活動に参加

募金活動に参加した志村けんさんの兄、志村知之さん(右端)
募金活動に参加した志村けんさんの兄、志村知之さん(右端)

 3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎のため死去したタレント・志村けんさん(享年70)の銅像設置を目指す「志村けんさん銅像プロジェクト」の募金活動が25日、志村さんの地元である東京・東村山で行われ、志村さんの兄・知之さん(74)が激励に訪れた。

 東村山駅東口で約1時間30分間、募金者の写真撮影などに応えながら、募金活動を行った。中には、名古屋や茨城から募金に訪れたファンもおり、知之さんは「本当にありがたい。小さい子供から大人まで、弟を愛してくれて。感謝しかない」と目を潤ませた。プロジェクトの実行委員によると、25日だけで約1000人のファンが訪れた。

 けんさんが亡くなり7か月がたつが、知之さんの家には今でも手紙を送るファンが絶えず、「手紙は段ボール4つ分くらいある」。けんさんの菩提(ぼだい)寺には、ファンの献花が絶えないという。

 同プロジェクトは、「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」と題して、クラウドファンディングで9月29日から10月30日の期間、目標金額は2400万円で、資金の募集を開始した。ネットを通じた寄付に慣れない人、直接支援金を手渡したい人に向けて、駅前での募金活動も今月18日から開始。100万円以上が集まった。

 25日の午後4時現在で、クラウドファンディングには約1800万円が集まっている。募金で集めた資金もこれから反映され、2000万円に迫る勢いだ。知之さんは「銅像が出来るなんて、お笑いの世界では初では。支援されている方々に感謝です。弟は幸せ者です」と喜んだ。

 志村けんさんの銅像設置時期は2021年夏、東村山駅東口「志村けんの木」前に設置を予定している。大きさは志村さんの等身大のサイズで、ポーズは検討中としている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請