【G大阪】オルンガ23点に対し、チーム得点トップは6点…それでもG大阪が2位タイ浮上の謎

後半44分、決勝ゴールを決めるG大阪FWアデミウソン(中央)
後半44分、決勝ゴールを決めるG大阪FWアデミウソン(中央)

◆明治安田生命J1リーグ第24節 G大阪2―1柏(24日、パナソニックスタジアム吹田)

 G大阪はFWアデミウソンが試合終了間際に奪った劇的な決勝ゴールで柏を下し、2位タイに浮上した。1―1の後半44分、ペナルティーエリア外でMF倉田のパスを受けた途中出場のアデミウソンが、左足で豪快なミドルシュートを決めて勝ち越し。これで9戦負けなし(8勝1分け)とし、試合消化が1試合少ない中で2位のC大阪に勝ち点、得失点差で並んだ。

 この試合では後半7分にオウンゴールで先制したが、同35分に警戒していた柏FWオルンガに今季23点目を献上し同点にされた。しかし逆境から勝利を引き寄せ、宮本恒靖監督(43)は「集中力が切れた時間に追いつかれ、ちょっと気落ちした表情もあったんですけど、そこからパワーを出して、試合に途中から出て変化させたり、終わらせたりする選手たちが、決めきって勝ち切れた。チーム全体での勝利」と手応えを口にした。

 9戦負けなしの間、失点数はわずか5と安定した守備が好調の要因だ。9月19日の札幌戦以降、システムを3バックから4バックに変更し、ダブルボランチの井手口、山本の運動量や、前線から穴をあけないコンパクトな守備で、いまだ複数失点はなし。さらに負けなしの間、14ゴール中11ゴールを宇佐美(2点)、パトリック(3点)、渡辺(4点)、アデミウソン(2点)のFW陣がマーク。チームのトップスコアラーは6点の渡辺(アデミウソンと宇佐美5点、パトリック4点)と、この日23ゴール目を挙げたオルンガには到底及ばない。それでもそれぞれ特徴の違うFW陣4人が先発、途中出場と役割が変わる中、すべての試合で誰かがゴールを奪い、チームを勝利に導いている。

 宮本監督は「対戦相手の特徴、試合をどうするのかを考えて、誰でも起用できるほど、選手がいいコンディションにある。監督としては、そういうオプションを持てるのはありがたい」と語る。例年ならレギュラーが固定されることが多いが、今季は過密日程の中でFW4人すべてに出場時間が与えられてきたことで、全員のコンディションが前半戦に比べて向上。加えてアデミウソンは「ひとりがゴールを取り出すと、もうひとりは運動量、守備で貢献する。そういう状況を目の前で見ると、自分もゲームに出たい、という力が働いてくる。ポジション争いのところで、切磋琢磨できている」と明かす。

 守備の安定と、FW陣の好調、二つの要素がかみ合い、2位タイまで浮上。首位・川崎との勝ち点差は残り10試合で17も開いており、逆転優勝は現実的ではない。しかし2位になれば、今季の天皇杯出場権を得て、2015年以来のタイトル獲得の可能性も出てくる。すでにJ1優勝は川崎の手中におさまろうとしているが、G大阪は5年ぶりのタイトルとACL出場権に、はっきりと狙いを定めている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請