【日本ハム】野村佑希が3試合ぶり安打で1軍昇格アピール 「ケガは大丈夫です!」

イースタン・DeNA戦で左前打を放つ日本ハム・野村(鎌ケ谷スタジアムで)‖秦雄太郎撮影
イースタン・DeNA戦で左前打を放つ日本ハム・野村(鎌ケ谷スタジアムで)‖秦雄太郎撮影

◆イースタン・リーグ 日本ハム4―5DeNA(鎌ケ谷)

 日本ハムの野村佑希内野手(20)がイースタン・DeNA戦(鎌ケ谷)に「4番・三塁」で先発し4打数1安打。3試合ぶり安打の左前打を放った。2年目で開幕スタメンをつかんだ今季は、7月初めに右第5指基節骨折で離脱。手術、リハビリを経て、10月2日のJFE東日本との練習試合で実戦復帰。復帰後はイースタン12試合に出場。本塁打こそ出ていないが2割6分1厘と調子を取り戻しつつある。

 故障前は1軍13試合でプロ初安打、本塁打、サヨナラ打など、輝きを放った期待の若手。「ケガは大丈夫です! ファンの前(有観客が解禁後)ではまだヒットも打ってないですし、親も呼べていないので。(1軍でのプレーを)見せられる機会があったら見せて、今年を終わりたい」。今季中の再昇格へ、アピールを続ける。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請