フィギュアGPシリーズ開幕 ベルが76・48点で首位発進 女子SP

SPで首位に立ったマライア・ベル(AP)
SPで首位に立ったマライア・ベル(AP)

◆フィギュアスケート GPシリーズ・スケートアメリカ (23日、ラスベガス)

 今季のグランプリ(GP)シリーズ第1戦が行われ、女子ショートプログラム(SP)はマライア・ベル(24)=米国=が、全3本のジャンプを決め、76・48点で首位発進。20年四大陸選手権銅メダルのブレイディ・テネル(22)=米国=は3回転ルッツ―トウループの連続ジャンプでミスがあり73・29点の2位。オードリー・シン(16)=米国=が69・77点の3位につけた。

 摂食障害やうつ病で休養し、2季ぶりのGPシリーズとなった14年ソチ五輪団体銅メダルのグレーシー・ゴールド(25)=米国=は、46・36点で12位だった。

 女子フリーは日本時間25日に行われる。今季のGPシリーズは新型コロナの影響で、各大会の出場者を地元勢や開催国に拠点を置く選手らに制限している。

女子SP結果

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請