松山中央、圧倒16得点4回コールド勝ちで頂点に立った!…第10回中四国秋季大会

優勝し喜ぶ松山中央ナイン
優勝し喜ぶ松山中央ナイン

◆第10回中四国秋季大会 ◇小学生の部 ▽決勝 松山中央ボーイズ16―1愛媛松山ボーイズ=4回コールド=(17、18日・勝北球場ほか)

 中四国の秋NO1を決める「第10回中四国秋季大会」の小学生の部決勝は17日行われ、松山中央ボーイズが愛媛松山ボーイズ(ともに愛媛県支部)を4回コールドで破り、頂点に立った。

 大量リードに守られた松山中央ナインは、落ち着いていた。15点差の4回。1死満塁の危機を招いたが、江藤が最後の打者を投ゴロ併殺に討ち取り、ゲームセット。堂々のコールド勝ちで栄冠をつかみ取った。

 圧倒的な打力を見せつけた。初回無死一、二塁。絶好の先制機に吉川、江藤、渡部の3連打で一気に4点を挙げた。2回に3点を加えた後、3回には7安打を積み重ねて一挙9得点のビッグイニングを生み出した。

 準決勝に続いて先発し力投した葛原主将は「初回から全力でいこうと気持ちを高めた。キャプテンのつとめとして『道具の整理やあいさつを大事にしよう』と、みんなには話している」と胸を張った。

 広島廿日市との準決勝でも10得点を挙げて4回コールド勝ち。強打の松山中央を存分にアピールしてのVとなったが、吉川監督は「いつも大量点を取っても1点差の野球をやるように指導している。最後は緩みが出て1死満塁のピンチを招いた。それが不満」と課題を口にした。勝ってもおごらないナインは、さらなる高みを目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請