東広島、激戦制し2年連続優!…第10回中四国秋季大会

優勝し、笑顔の岡田(中)ら東広島ナイン
優勝し、笑顔の岡田(中)ら東広島ナイン

◆第10回中四国秋季大会 ◇中学生の部 ▽決勝 今治中央ボーイズ7―8東広島ボーイズ(17、18日・勝北球場ほか)

 中四国の秋NO1を決める「第10回中四国秋季大会」の中学生の部決勝が18日行われ、東広島ボーイズ(広島県支部)が今治中央ボーイズ(愛媛県支部)との激戦を制し、2年連続優勝を果たした。

 東広島が底力を発揮した。4点を追う4回だ。この回先頭の中村が左前打で出塁すると、後藤、砂田も連打。1点をかえすと、高畑の内野ゴロ、芳村の左前適時打で1点差に詰め寄った。

 こうなると勢いは止まらない。5回も石田、石原に連続三塁打が飛び出し同点とすると、後藤の右前適時打で逆転に成功。さらに高畑も左越え適時二塁打を放ち、一気に3点のリードを奪った。その裏に追いつかれたが、ここで打線がもうひと踏ん張り。6回1死から石田が四球で出塁し、相手ミスで三塁に進むと、石原が「狙っていた」真っすぐを弾き返し、勝ち越しの右越え適時二塁打を放った。

 投げては5回途中から登板した岡田がスライダーを武器に無失点投球。「リリーフで投げた経験は少ないが、集中して投げられた。ピンチでもインコースを攻めきれたのは自信になった」と1点差を守り切った。2年連続の栄冠を手にした山路主将は「先輩たちに少しは近づけたかなと思う」と笑顔だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請