馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

東に行く馬のお話(栗東)

 こんにちは、山本です。今週は残っておりますよ、3冠モードが高まる栗東でのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、今朝は昨夜、少し飲んでいたため、全く仕込みなるモノができず、早めの就寝から早く起きようと考えました。アラームのセットは午前2時20分。これで大体、取材に行く前に3時間ほど、仕込みをすることができます。で、ほぼ寝ぼけた状態で起きた後、木曜の深夜といえば、先日、岡村隆史さんのある発言で炎上騒ぎとなったナイナイのオールナイトニッポンがやってるんじゃなかろかと思い、超久々にラジオをつけると、何か「岡村さんが結婚を…」とか言っている。最初はパロディだと思っていたんですが、ネットを見ると、すでに「岡村結婚」のお祭り状態。何ちゅうタイミングで、数年ぶりのオールナイトニッポンを聞いたんだと驚いて…。

 全く芸能界のことは知らないけど、誠に勝手ながら岡村さんは生涯独身のイメージが強かったモノで本当に驚いた。とはいえ、ワタクシも先日誕生日を迎えて、岡村さんとはわずか6歳しか変わらないことが判明。まぁ、人のことで驚いている場合ではないですよね。この3冠戦線の取材が終わったら、そろそろ嫁を…、なんて簡単にいくもんでもありませんよね。とにかく、ボチボチと、です。

 ということで、そんなこと言うてる場合かという突っ込みが聞こえてきそうなので、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 まずは新潟5Rの未勝利。コントレイルの追い切りが行われた21日の午後、「何か強い馬がいるか」と矢作調教師に聞かれたのは、ここの【テンカハル(牡、父キングカメハメハ)】について。何とか2戦目で勝利をつかみたい、という強い意思が伝わってきました。その後、安藤助手に話を聞くと、「ジョッキーが大事に乗ってくれたし、『すごく走る』と評価してくれている。何とかしたいですね」とこちらも好感触。前走のレースを見ると、新潟外回りもプラスに働きそうです。そうそう、矢作厩舎といえば、リスグラシューの全弟、【クローヴィス(牡、父ハーツクライ、母リリサイド)】が再入厩しています。矢作調教師によれば、今後の動きを見ながらになりますが、「阪神の1週目ぐらいになるのかな」と今後の見通しを語っていました。

 その矢作調教師が気にしていたのが藤原英厩舎の【サヴァニャン(牝、父ディープインパクト)】。半兄にシャケトラを持つ血統馬も、ここで2戦目を迎えます。ここからは藤原英厩舎の話といえば、当ブログOBのガッポ内尾先輩からの情報提供です。「使って、反応がよくなり、素軽さが出てきている。ゆったりしたキャンターで距離延長はプラス。能力的に上に行ける馬だから」と田代助手は手応えをつかんでいるようです。

 先輩からの情報提供を続けます。藤原英厩舎では来週、2頭の新馬がデビューを予定しているとのことです。まずは全姉にリリーピュアハートを持つ【エリカステラ(牝、父ディープインパクト、母リリーオブザヴァレー)】ですね。31日の京都芝マイルで、北村友Jが騎乗予定です。「姉よりは一回り小さい。小柄な牝馬で仕上がり早。キビキビした動きをする」と田代助手は話しているようです。あと、11月1日の東京芝1800メートルに福永Jで【ゲヴィナー(牡、父オルフェーヴル、母カウアイレーン)】がスタンバイ。こちらはステイフーリッシュの半弟。「ひと追いごとに素軽くなっている」とのことですよ。そして、この厩舎は明日も触れなきゃいけない馬がいますよね…。とりあえず、ガッポ先輩、ありがとうございました。

 さて、東京9RはアイビーSが行われます。昨日に書いた通り、高橋忠厩舎の【ワンダフルタウン(牡、父ルーラーシップ)】が自重しましたが、非常に「濃い」メンバーとなりました。斉藤崇調教師が「この馬なりにしっかりしてきました」と話す【ラーゴム(牡、父オルフェーヴル)】のレースぶりも注目ですが、新馬勝ちからの転戦といえば、【アドマイヤハダル(牡、父ロードカナロア)】も気になります。というのも、先週の段階から山口助手に「中間の動きがすごくいい。良くなってますよ」と聞いていたから。初戦も味な内容でしたし、2戦目でどんな走りを見せるかですね。

 あと、角居厩舎の【トーセンインパルス(牡、父ディープインパクト)】も気になるところ。こちらはデビュー3戦目で勝ち上がりました。どうやら、前走で騎乗したルメールJから「東京の広いコースが合う」と進言があったとのこと。「夏に使った頃よりはたくましくなっていて、成長が追いついてきたかなと思います」と小滝助手は期待していました。とにかく、ここは熱い一戦です。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京7R・6キングオブドラゴン(安藤助手が「面白いと思いますよ」と期待するダート初投入。メンバー的にも手頃で狙い目とみる)

 続いては「馬券王への道 延長戦」をどうぞ。

京都11R・9リュウノユキナ(再び脚抜きのいい馬場で走れそう。前走時も復調途上だった印象で、上積み加えた状態なら)

新潟7R・8サングレデクリスト(こちらも前回は久々の影響があった。上積み大のここなら)

新潟10R・8タイキスウォード(前走は大きな不利あり。この距離でも問題なくこなせる)

新潟11R・3ティグラーシャ(叩き良化型。前回は骨っぽい相手だった。牝馬同士なら格上挑戦でも)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請