東北福祉大・元山飛優「走攻守」で勝負「やっとやなという感じ」…26日ドラフト

ドラフトを待ちわびる東北福祉大の元山(右)と山野
ドラフトを待ちわびる東北福祉大の元山(右)と山野

 プロ野球・ドラフト会議が26日に開かれる。仙台六大学の東北福祉大・元山飛優内野手=長野・佐久長聖=は大学日本代表にも選ばれた高い守備力に加え、最後の1年で作り上げた打撃もアピール。1学年上で同校OBのソフトバンク・津森宥紀投手(22)に続くプロ入りを目指す。

 二塁上のゴロにも悠々と追いつき、強肩で稲妻のような送球を見せる。高校時代から遊撃手として高評価を得てきた元山は、打撃を見つめ直したことで、原点回帰。ドラフトを前に「走攻守」のピースをそろえた。

 今秋、5季連続優勝をかけた仙台大との一戦では、同点打と決勝打を放つ活躍。ネット裏に並ぶ11球団のスカウトに、3度ベストナインに選ばれた守備だけでなく、勝負強い打撃もアピール。1年春から活躍する元山は、「大学で一番いいシーズンだった」と振り返った。

 大阪出身。上小阪中1年時からプロ野球選手以外の将来は考えなかったという。佐久長聖(長野)を経て進んだ東北福祉大では、ウェートを増加。プレーにキレとパワーが増したことを実感した。体に向き合う契機となったのは、3年時に経験した大学ジャパン。「周りが象みたいなお尻をしていて、体を鍛えようと思った」。技術を補う体を作った。

 様々な打法を試し、結果が出ないこともあったが、今季は高校時代の指導を思い出し「へそ下の丹田に意識を集中」を心がけた結果、バランスのとれた無駄のない振りを取り戻した。

 ドラフトを前に、「不安ですけど、やっとやなという感じ」。豊富な経験と積み重ねた努力を自信に、運命の日を待つ。(小山内 彩希)

ドラフト候補名鑑

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請