東北福祉大・山野太一、リーグ無敗の誇り胸に150キロ左腕プロ入り目指す…26日ドラフト

ドラフトを待ちわびる東北福祉大の元山(右)と山野
ドラフトを待ちわびる東北福祉大の元山(右)と山野

 プロ野球・ドラフト会議が26日に開かれる。仙台六大学の東北福祉大の山野太一投手=山口・高川学園=はリーグ戦無敗の誇りを胸に、1学年上で同校OBのソフトバンク・津森宥紀投手(22)に続くプロ入りを目指す。

 山野が今でも思い出すのが昨秋のドラフト。「津森さんの指名を自分のことのように緊張して待っていました」最速150キロ左腕が振り返る。

 高川学園(山口)を初めて夏の甲子園に導いた高3時、プロ入りを決意。「プロは結果がすべての世界と思い、大学では結果にこだわってきた」と話す。その言葉通り、1年春から公式戦に登板し春季リーグ新人賞を獲得。昨春のリーグ戦では5勝を挙げ防御率0・00。MVPと最優秀投手賞、ベストナインの3冠に輝き、公式戦70イニング連続無失点も記録した。

 高校では内野手もこなした山野は、3年冬からはノックを受けたりキャッチボールを増やすなど、多彩な練習をこなした。「足を使わないといい送球ができないという野手の動きは、投手にも通じる」と、全ての練習を成長につなげた。その結果、今秋自己最速の150キロをマーク。リーグ戦無敗で4年間を締めたことは、一つの集大成となった。

 「プロの世界は1球の重みが違うと思う。その中で津森さんは1年目から結果を残している」と山野。昨秋の明治神宮大会を共に戦った先輩の活躍に、自身の未来を重ねる。10月26日、結果を求め続けた山野の“答え合わせ”ができる。

ドラフト候補名鑑

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請