【ヤクルト】完封負けで巨人戦負け越し 悩める打線に高津監督「全然だね」 

4失点で3回途中KOされたヤクルト・吉田大喜
4失点で3回途中KOされたヤクルト・吉田大喜

◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト0―6巨人(22日・神宮) 

 ヤクルトは今季9度目の完封負け。巨人戦は5試合を残して、2年連続の負け越しが決まった。

 自滅した。ドラフト2位の吉田喜が課題の立ち上がりで制球に苦しみ、初回に押し出し四球で失点。3回には2本塁打を浴び、この回1死も奪えずにプロ最短の2回0/3を4失点で降板。7敗目を喫した。打線は4試合連続で2得点以下。4回1死満塁が唯一といえるチャンスだった。

 解消されない貧打について、高津監督は「うーん、全然だね。どうだろう。チャンスもたくさんあるわけじゃないしね、得点圏のバッティングだね」とため息。15日のDeNA戦(神宮)で2勝目を挙げた吉田喜には「変わってくれたらと思ったんだけど、また逆戻りというかリズムも悪いし、ストライク、ボールはっきりして緩急使えないし、悪いところばかり出たかな」と指摘した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請