メッシ、欧州CL最長16季連続ゴール バルサ6季ぶり頂点へ 17歳コンビと競演で5発圧勝発進

イレブンから祝福を受けるメッシ(ロイター)
イレブンから祝福を受けるメッシ(ロイター)
ボールをキープするメッシ(ロイター)
ボールをキープするメッシ(ロイター)
メッシと新星2人の比較表
メッシと新星2人の比較表

◆欧州CL 1次リーグ第1節 ▽G組 バルセロナ5―1フェレンツバロシュ(20日)

 20―21シーズンが約1か月遅れで開幕した。6季ぶりの優勝を目指すバルセロナ(スペイン)はフェレンツバロシュ(ハンガリー)を5―1で下し、白星発進。一時退団騒動もあったFWリオネル・メッシが、欧州CLで史上最長の16季連続得点となるPKで先制すると、メッシに憧れるFWアンス・ファティ、MFペドリの17歳コンビが追加点を挙げた。昨季準VのパリSG(フランス)はマンチェスターU(イングランド)に1―2で敗れた。

 圧巻の鋭いドリブルで流れを呼んだ。前半27分、メッシはボールを受けると、鮮やかに右サイドを突破しペナルティーエリアに侵入。奪い取ったPKを左足でゴール右隅に沈めた。貴重な先制点は2005年にCL出場を果たしてから16季連続のゴール。15季連続で並んでいたRマドリードFWベンゼマを抜き、大会史上初の記録を樹立した。

 昨季CL準々決勝でバイエルン相手に2―8と大敗を喫した後、メッシがクラブへの不満をぶちまけて退団騒動に発展。それでも折り合いをつけ、「バルセロナは僕が愛するクラブ」と来年6月までの残留を決断した。さらにコロナ禍で昨季決算が約119億円の赤字と5日に発表。不穏な空気が漂う中だったが、1得点1アシストのメッシが大勝へ火付け役となった。

 次世代を担う“メッシチルドレン”も躍動した。バルセロナの下部組織で日本代表MF久保建英(19)=ビリャレアル=とも同僚だったファティが前半42分にボレーで追加点。自身のCL2得点目でもあり「とても良い勝利。メッシはどんなプレーでもできる。多くを学んでいきたい」とメッシの後継者は上機嫌に話した。今夏ラスパルマスからチームに合流した17歳ペドリも幼少期からバルサの大ファン。後半18分にファティに代わりピッチへ。CLデビューを飾ると3―1の同37分に初得点を決め「幼い頃からの夢の一つがかなった」とうれしさを全面に出した。

 6季ぶりの頂点へ初戦を華々しく飾りロナルド・クーマン監督(57)も「偉大なバルサが発揮できた。アンスとペドリの成長に満足している。彼らだけでなくバルサの未来を担う選手たちがいる」。勝利を喜び、次期エース候補への期待を口にした。24日に行われるリーグ戦、Rマドリードとの「エル・クラシコ」に向けても弾みをつけた。

イレブンから祝福を受けるメッシ(ロイター)
ボールをキープするメッシ(ロイター)
メッシと新星2人の比較表
すべての写真を見る 3枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請