【湘南】石原直、坂と相次いで負傷交代も…8戦ぶり無失点で貴重なドロー 得失点差で16位に浮上

湘南は16位に浮上
湘南は16位に浮上

◇明治安田生命J1リーグ▽第13節 湘南0―0鳥栖(21日・BMWス)

 湘南はホームで鳥栖に0―0で引き分け、最下位を脱出した。

 8月に鳥栖で監督・選手らに新型コロナウイルスの感染者が発生した影響で延期となっていた一戦。湘南は連敗を「6」で止めた18日の柏戦(3〇2)から中2日の過密日程ながら、先発メンバーの変更は3選手のみという布陣で臨んだ。

 チーム最多6得点のエースFW石原直が接触プレーで側頭部を負傷し、前半26分に負傷退場。DFリーダーの坂も前半で負傷交代するアクシデントに見舞われた。攻撃陣はシュート3本と沈黙したが、守備陣は体を張った堅守で8試合ぶりに無失点に抑えて貴重なドロー。清水と仙台に勝ち点で並び、得失点差で上回って16位に浮上した。

 浮嶋敏監督(53)は「アクシデントもあり、交代を含めてやりきれなかったゲームになった。シュートを打てそうで打てない、打ち切れないのは課題だが、守備体を張ってよく守ってくれた」。次戦は中3日で25日に鳥栖と敵地で対戦する変則的な日程だが、「3日後にすぐ試合がある。コロナじゃないとできない経験。次は絶対に勝てるように準備したい」と見据えた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請