橋下徹氏、衆院の早期解散予測は「田崎史郎さんに任せておいた方がいい」

橋下徹氏
橋下徹氏

 TBS系情報番組「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)では21日、元大阪府知事の橋下徹氏(51)がゲスト出演した。

 来年10月21日の衆議院議員の任期満了まであと1年となった。衆院解散について橋下氏は「無責任な政治評論家というか、外部からコメントしている立場からすると、絶好調の時に、絶対勝てる時に解散を打って…。だから今解散したら確実に勝てるんですから、みんな政治評論する人は、みんな(早期解散を)言ってるわけなんですが…。やはり菅さん(菅義偉首相)はそれをやらない」とした。

 「菅さんは過去に選挙対策の副委員長をされてた時に、麻生政権の時に『解散だ』という声が自民党内で高まった時に、解散というのはダメなんだ、しっかり仕事をやってからの解散だとものすごく反対してたのが菅さんなんですよ。その時に、自分は反対していたんだから、今度自分が政権を取った時にはすぐ解散とはやらないのが菅さんだからしっかり仕事をやって、きちんと解散やるときには解散と思われてるのかな」と推測した。

 ただし「でも、予測はね、こういうのはね、(政治ジャーナリストの)田崎史郎さんに任せておいた方がいいです」と話していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請