東京五輪「手荷物少なく…」観客に呼びかけ 検温シール導入も

五輪組織委が開発中の「検温シール」。肌に貼り、発熱が検知されると下のように赤く変色する
五輪組織委が開発中の「検温シール」。肌に貼り、発熱が検知されると下のように赤く変色する

 東京五輪組織委は21日、来年の大会に向け、新型コロナウイルス対策を踏まえた会場でのセキュリティーチェックの実証実験を、報道陣に公開した。東京ビッグサイトに設置された会場で、19日から3日間に渡って実施。検温や手荷物チェックの方法など、様々な組み合わせで44パターンをテスト。それぞれの所要時間などについて、データを収集した。

 検温方法については、サーモグラフィー、非接触型検温機に加え、開発中の「検温シール」もテストされた。医療や工業用で使われていたものを改良しており、体に貼るだけで体温がチェックできる優れモノだ。組織委の岩下剛警備局長は「貴重なデータをとることができた。大会では高いレベルでスムーズに入場できるよう、最適解を見つけたい」とした。警備員の1人としてテストに参加した丹野こずえさんは「フェースシールドをして検査すると、シールドが曇ったり、暑く感じることもある。本番では気温が高い中で何百、何千の検査をするので、汗が荷物に落ちてしまう懸念もある」とし、真夏の大会ならではの問題点も指摘した。

 コロナと熱中症対策の両立が必須条件。岩下局長は「手荷物がなければ(検査の)スピードが倍になる。熱中症の観点からもスムーズな検査は不可欠。キャッチフレーズは『入場は手荷物少なくストレスフリー』」と、できる限り“手ぶら”に近い形での来場を、改めて呼びかけた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請