佐藤駿の“アドバイザー”に無良崇人さん「だいぶジャンプが変わった」

スポーツ報知
公開練習に臨む佐藤駿

 フィギュアスケート男子で19年ジュニアGPファイナルを制し、今季からシニアに転向した佐藤駿(16)=フジ・コーポレーション=が21日、埼玉県上尾市内で練習を公開した。

 この日、リンクで佐藤を指導していたのは男子で14年四大陸選手権優勝の無良崇人さん(29)だった。1~2か月前ほどから練習を見てもらうようになったという。心強い“アドバイザー”に「貴重な経験。アドバイスも的確で、一緒に(滑って)やってくれる。(手本を)見せてくれるのでタメになる」と話した。シニアデビュー戦となった10月3、4日の関東選手権で不調だった4回転ジャンプも無良さんの「足と手を同時に」の助言で改善。「今までは感覚で跳んでいたけど、だいぶジャンプが変わった」と復調の兆しが見えており、この日の練習でも4回転ルッツ、4回転サルコー、4回転―3回転の連続トウループなどを軽々と着氷してみせた。

 次戦は11月6~8日の東日本選手権(山梨)。関東選手権では左股関節周辺の負傷も影響し、88・79点差で敗れた同級生のライバル・鍵山優真(17)=星槎国際高横浜=との再戦で「調子もいい。まずはノーミスで、(自分が)納得してする演技が大事。自分に勝つ」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請